ワクワクドキドキする方を選んで未来を変える

ワクワクするときはどんなとき?

新しいものを始めるとき

新しいものを手にしたとき

新しい人と出会ったとき

夢を語るとき

たらればを話すとき

新しいに出会うと

ワクワクとドキドキが交互にくる。

怖がってたら前に進めない。

色を置くとき、黒を怖がる人が多いです。

私も未だに怖いです。

汚くなるかも。

でも

置いて混色してみると

かっこよくなります。

深い色になります。

一歩踏み出す勇気だけなのです。

もし、違ったなと思ったら

やめるか違う方法を取ればいいのです。

失敗したなという感覚より

違うな?という感覚が大切。

思い通りにならない方が楽しかったりします。

いつもと違う色を選ぶを意識して、

絵も人生も楽しむといいのです。

たのしんでいい。

しあわせになっていい

リッチになっていい

ワクワクしていい

いいんだよという許可を自分に出してあげると

今が変わって

未来が変わるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である