元旦は、松永家にとって大切な日。18回目の命日。

2019年

新年、あけましておめでとうございます。

親戚と集まる儀式は、お嫁さんにとって、一番苦手で辛いのです。

ずーっと嫌でした。

年末年始が、、、

ところが、人が集まる場所を作る仕事を精力的に2018年はやってきたせいか

今年は、ワクワクしたのです。

お義母さんを想い、お墓参りから

元旦は始まります。

お義母さんとは、お会いしたことがない。

会ってみたかった半分、会ってたら、私は、嫁として、合格点だろうか?

と不安がよぎる。

その気持ちは、オットと喧嘩したり、

親戚が集まったとき、すごく感じる。

伊達巻、ビーフシチューは手作り。

毎年のことです。

今回は、イタリアンの御節でした。

大好評^_^

また、来年もそうしよう。

シメのケーキは

はす向かいのスイーツガーデンコパンのケーキ。

ビーフシチュー、楽しみに来てたのよ!

と、オットのお義姉さんが、ニコニコしながら食べてくれる。

なんて、嬉しいんだろ。

今年は、もっと楽しんでもらえる、美味しいものを食べてもらえるよう。

喜んでもらえる企画を作り続けるために、

一人の時間を意識して多くとっていく。

神社行く時間

一人の時間

ほら、今の意識が変わるだけで

想像していた以上の未来が待ってる。

引き続き、ブログ毎日更新

今年は、時間を決めて更新。

週一にメルマガをアップしていこ。

さあ、さあ、

目の前の人が喜び笑顔が一番のパワーチャージ!

感謝して、今年もスタートです。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である