コンプレックスが心を強くする。

ものごころついたころから

コンプレックスのだらけだった。

基本元気なんだけど、

アトピーたったり、

歯並びが悪かったり

ぽっちゃり体型だったり

体型では、良くバカにされた。

これは、30歳過ぎてまで。

エステ通って痩せたけど

ぜーんぶ戻りました。

40歳からの矯正に失敗して

骨まで溶けちゃって

やっと前歯が終わりつつある。

2018年は、身体のメンテナンスと大変化の年だった。

目もアレルギーで何度も医者に行った。

特殊なコンタクトで高かった。

だから、いつもどおりの生活できるのに感謝できる。

元気こそが宝物。

そして、歯を治せたり

コンタクトレンズを買えるのは

夫のおかげ。

感謝。

人生100年としたら、

あと50年は、自信を持って生きよう。

そして、自分が応援する方になろ

母が元気なら

妻が元気なら

家族は、安泰だよね。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である