ギョウザdeユメカタ意外にもすごーい科学反応が起きたぞ!

今までは、アルカーサル迎賓館や銀座のカフェでユメカタをやってきた。

サカドフラットでギョウザ!

ユメカタはどう進むのか。

市ノ川恵さんのギョウザは天下一品だ。

絶対、面白いに違いない。

根拠のない自信だけでその日を迎える。

たまらん。

美味しいね!

お腹いっぱい!

笑顔満開!

魔法の質問カードで始まるアイスブレイク&自己紹介。

今はどんな感じで

終わったらどうなってたら最高?

夢の内容は、参加者によって、全く違う。

化学反応?

色の混色のような

絶妙な盛り上がりとなった。

私もあなたの夢乗っからせてね。

次から次へと。

最後は夢のリレー

紙に書くは

神に書く。

願いは神様に届けたよ。

お腹も心も満たされました!

松永泉のおもしろアート塾。の願いはさらに深まりました。

先生たちにアートの捉え方を伝えたい。アートの関わりかたを!

親御さんたにちも。

これから日本を支える宝物の子供たち。

その子供たちが早く大人になりたいと感じられる世の中になる。

夢に向かってワクワクな大人たちを応援します。

改めて、強く願いました!

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である