平成最後の浴衣deサロンコンサート&アワアワお茶会、盛り上がりました!

山川ゆりこさんのピアノコンサートと鈴木千代さんの平成最後の浴衣を着てやりましょうと企画に、私のアワアワお茶会をプラスさせていただきました。

なんと、雨の中、蓋をあけてみたら

満席でした。

ちよさんがお声がけした方々が来てくださいました。

ちよさんの着物への想いと来た人に

楽しんでもらいたいという想い。

ゆり子先生のピアノの想いにたくさんの方々が来てくださった理由と感じました。

私は、日常を忘れて、ワクワクしてもらいたい想い。

この三つがあいなった、会になったと感じました。

ちよさん特製ケーキ🎂

ゆりこ先生のパウンドケーキ

佳子さんからの差し入れ!

これも手作りで抹茶味で美味しかった。

集客の大変さや

場の雰囲気の作り方

進行の仕方

自分ではなく、参加者が心地よく気持ちよくなるには?

ちよさん、ゆりこさんの盛り上げ役が

足手まといにならないよーにとか。

やりながら頭の中ぐるぐるでした。

参加してくれた方々、

感謝の気持ちでいっぱいです。

ちよ先生、ゆりこ先生、ありがとうございました😊

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である