やるって決めたことはやり抜く

動いてるから神様が応援してくれる。

そして、応援してくれるのは、神様だけではない。

ご縁のあった人の枠を外して、

一緒にワクワクするツナギスト松永泉の

出会いが変わってきてます。

私と同じ波長より、ちょっとワンランク上のキラキラ度の人たちと会うことが増えてます。

それは、ある研修に出て、一度決めたことは、決めたとこまでやり抜くとコミットメントしてからです。

この一年、いつのまにかドヨーンとした空気に慣れてしまった。

今日やらなくても誰にも怒られない。

なんでかんでやり抜いた感、達成感が足りない。

アート塾をはじめたころの、参加者ゼロでも熱い思いがあったあのころ。

その気持ちも忘れてはならない。

人が来ることが当たり前になってて、

誰もいないとき、自分が一番の参加者になる。

やることも進化してるけど、40代以上の頑張る女性たちを応援したい!って気持ち。

待てよまてよ!

まずは、自分を満たして、

自分を応援していこう。

何が大切ですか?

今の自分には目の前の人のために

何ができますか?

問い続けていこう。

今朝、朝焼けで目が覚めた。

美しい朝焼けも応援してくれてる。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である