【ブログNo.111】今日は次男との再会、1周年。ピュアな気持ちで会ってくれてありがとう。

おもしろアート塾の松永泉です。いや、今日は、「泉」といういち個人として書きます。

2001年の春に離れ離れになって、去年の今日、10年目に再会。

そして今日は次男と再会して1周年。

まだ、後の二人は会えてません。

小学校一年生だった男の子が、再会したときは高校生。

なんだか不思議な気持ちでした。

私の中では、ママに、まとわりついていた可愛い男の子の記憶しかありません。

それが、抱きしめたくても抱きしめられず。

手だけ握りました。

私より大きな手のひら。

私より大きな背。

ここまで育ててくれた前の旦那、旦那の両親にも感謝の気持ちが湧いてきました。

ママの悪口も聞かせれず、素直に育ってました。

そして、嫌な顔せず私の息子と接してくれた、今のオットにも、ありがとう。

明日香は、大きいお兄ちゃんに戸惑いながらもなついてくれました。

そばにいてあげられないけど、つながっている。

就職活動でガンバってる。。。。

夢は歩きながら切り開くものとだけ、メールで伝えました。

そして、お兄ちゃんは、もう大学生、来年は、二十歳。

早いなぁ。。。

明日香のお姉ちゃんは、もう中学3年生。受験ですね。

吹奏楽部で、ピアノ。コンクールで金賞おめでとう。

ママの知らない間にすごく成長しててくれて。。

ママもがんばるね。

生まれてきてくれて、ありがとう。

3人に再会できる日まで、明るく生きるね。

泉より。

P.S. あなたたちの住んでる日本の未来に、世界に、希望があり続けますように。

ママは、がんばる大人を応援していきますね。

*最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

心より感謝です。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である