絵を描くから、彫刻をするから。造形をするのがアートなのか?

違う生活そのものがアートなんだ。

今、未来食アンバサダーの資格を取得した。

アートと関係がなくみえるが、料理こそアートなのです。

この素材と違う素材を組み合わせることでマジックが起こる。

予定調和では面白くない。

自分が思った想像以上のことが起こるから素晴らしいのだ。

書くこともアートだ。文章を書きながら変化していく、そして自分が思わぬ展開に驚いてしまう。

なんだ、日常はアートに溢れているね。

今回、アートの素材は、粘土だ。

溶かしたり、色を入れたり、彫刻したり、刺したり、捏ねたり。

まるで硬くなった小麦粉を水で捏ねているようだった。

何かを作ろうとかではなく、粘土に導かれて創作していく。

そこには自分の想像を遥かに超えた何かが生まれるんだ。

粘土を捏ねて捏ねて練ってちぎって、幼少期に泥んこ遊びを思い出す。

冷たい粘土の感触が、土の感じが懐かしくも気持ちいい。

創造力はアートで育まれる。

予定調和な人生を送りたくないから、私はアートの制作に関り続けたい。

おもしろアート塾は、おやすみしているけど、この時間も大切なんだ。

破壊と創造は、繰り返していく。

休むことで、執着が削ぎ落とされる

新しく生まれ変わるための大切なプロセスなんだ。

11月も終わって、一緒に新たな自分に生まれ変わろう。