あの時、パソコンの前にいた。

あまりの揺れの長さに驚いた。

まだ揺れてる。また揺れてる。

また、揺れてる。まだ?

建物がミシッと嫌な音がした。

怖くて外に出る飛び出した。

地面が波打つて、電線が大縄跳びのようになってた。

外も怖いと感じた。

埼玉県が震源?と思った。

まさか、東北だったとは思わなかった。

10年前の2001年に離婚してしまい、離れてる3人の子供たちのことを真っ先に思った。

大丈夫だろうか?

こんなときに、そばにいられないなんて。

自分を責めた。

そうか、これを書いてて思った。

もう20年経ったのか。

2001年は、アメリカで、9.11があった。

その10年後に大地震。

無事を祈るしかない。

空を見上げて願った。

無事でありますように。。

ごめんね。そばにいてあげられなくて。

ここの中で強く叫んだ。声にならない声で。

今の夫との子供は、保育園に行ってた。

保育園ならきっと大丈夫。そう願った。

川越市の保育園が遠かった。大渋滞だった。

信号も消えて、よく事故が無かったと思う。

そして、

離れ離れの子供たちのことを考えると、

色のついてない白黒の思い出が頭の中を駆け巡る。

あの日に戻れたら、こどもたちを連れてきたのに。

あの小さい手を離さなかったのに。

離婚してから20年もたった。

あっという間だった。

3人とも、大人になって。

孫もできた。

どんな未来だったのかな。

あの日描いた未来は。

三人に会えて良かった。

みんな素敵な大人になってて。

ただただ感謝でしかない。

ありがとう。