レンタルスペース サカドフラットの松永泉です。

羨ましいって感情ありますか?

私は、あります。

私は、コンプレックスにかたまりだからです。

そこから抜けられないでいます。

美しい人をそばに置こうと決めた日から、美しい人をみなければなりません。

背も高くて、足も長くて、ルックスも良くて、性格もいい。

比較する相手ではないのに比較グセが出てきてしまうます。

そう感じてしまうのは、幼少期から、意地悪をされた経験からです。

ずっと体型のことで悩んでました。ずっと自信がなくて。

「お尻が大きい」「だるま」「腰おばけ」

「どうしたら、そんなに太れるの?」

「醜いから、後ろ向いてなさい」

「サリーちゃんの足」

「象の足」

などなど。35歳くらいまでそう言われ続けました。

「こんななのは、母親のせいだ」

と、親のせいにしたりしてました。

だから痩せられなかったのです。

自分を否定し続けているのは自分だからです。

美しい人から学ぼう。

ダイエット成功した人から学ぼう。

羨ましいって感情をいったん傍に置いてみよう。

成功するかわからないけど、月曜断食もやってみよう。

ダメだったらやめればいい。

という気持ちではじめました。

やって気づきました。

美しい人は、努力しているのです。

「何にもしていない」は、嘘ではなく本当なのです。

彼女達の大したことないは、私の数倍はやっているのです。

体のこと、骨格のこと、栄養のこと。

そんなことは当たり前だから、「何もやってない」というのです。

私も当たり前になるくらいコツコツと自分の体と心と向き合っていきます。

「ああ、ヤキモチを焼く自分がいるんだな」と客観的に自分を感じていきます。

それが自分を否定せず、自分を知り、信じることにつながるのです。

自分を高めてくれる人のそばにいよう。

感謝しておやすみなさい。

「アラフィフからのワクワクダイエット術!」というテーマの本を書きますよ。

ワクワクするなぁ。

45キロ、6個の腹筋、体脂肪率20%キープ、リバウンドしない体!

新月の願い事に書きましたよ。