《2020.11.28》今が変わると未来がわかる

いま、薬品登録販売者に向けて日々コツコツと頑張ってます。

ダイエットも引き続き楽しんでます。

ダイエットを成功した自分に会いたい。

薬品登録販売者を合格した先の自分が見てみたい。

そして、いまは、勉強もダイエットも楽しい。

本気ってこういうことなのかと

ダイエット9キロ痩せて、感じ取れた。

逃げる理由の達人だった自分に気づく。

いまが変わると未来は変わる。

新しい夢が現実になっていく。

もう、見えているけど、漠然としてる。

夢に枠はつけたくない。

枠を外してワクワクしたい。

自分で何か成し遂げたいんだということに気づいた。

家族に感謝しつつ。

何か自分から湧き出る何か、、、

表現したい欲求なのだ。

こんなこと自分にもできたという、驚きの未来が見たい。

もう、逃げないで向き合う。

未知の世界へ飛び込む準備だ。

勉強もワクワク^_^ダイエットもワクワク

追伸今日は、3章胃の薬までいったよ。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士となる。 2010年、大人のためのアートセラピー「おもしろアート塾。」翌年、「第一回夢名塾」を開催「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、参加者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 2018年 NPO法人ヴァンテアン・プラス (旧:中小企業支援センター)の地域活動で「坂戸のレンタルスペースサカドフラット」をスタートしています。 モットー「大人がワクワクで、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である