《2020/6/20》ホスピタリティを学ぶ@ツクツク

昨年50歳を迎えて、新たな目標を作って進んでます。

それは、

自分より若い先生を持つ。

①英会話の先生は、息子と同じ歳25歳

フィリピンの講師たちも20代

②ツクツクECサイトのチームリーダーの人たち

みんな昭和50年代

私より10歳〜若いです。

昔は、若い子を見ると、私が人生とはを教えてあげるというような、横柄な気持ちに駆られました。

いまは、謙虚に徹底するよう意識しています。

年上だから謙虚にするは、当たり前。

年下だからこそ、謙虚に耳を開くようにしてます。

服を買う時も、若い店員さんに、アドバイスを受けます。

それが脳トレにもなるんです。

娘の学校の役員会は、みんな、私より年下です。多分。年齢を聞いてないのでわかりませんが。

だけど会長さんも副会長さんも年上です。

先生方も20代。

娘との会話は、まさに脳トレのハイパワーバージョンです。

いま取り組んでる

ECサイトツクツクのページづくりは、チームみんなで週一回zoomでやります。

一緒に悩み、成長する仲間。

素敵です。

50歳過ぎたら、自分が素直に教わりたいという衝動でしょうか。

50歳までは、先生に憧れてた。

いまは、生徒になりたい。

覚えは悪く人より時間がかかる。

だけど覚えたら、ガーっと一気に動く。

教える方からしたらめんどくさいのです。

でも、それが、自分が教えるときのデータベースになります。

居心地の良い場所や人がいるところは、

居心地の良さを追求する人たちの集団がいる場所。

頑張れベアーズって漫画かな?

ドラマかな?

いろいろな人たちが集まって野球をする。

最初は、箸にも棒にもかからない。

それが、成長して、最強になっていく。

そんなストーリーです。

めんどくさいことどんとコイ!

そして、謙虚に、やってくれたことをペイフォワードしていく。

ツクツクのリーダー、竹内さん村上さんに

心から感謝です。

もし、webチケットやオンラインサロン、ECサイトに興味あるかたは、連絡くださいね。

彼らの在り方に触れるだけで、人生の色味が深くなります。

こちらのページご覧ください↓

サカドフラットショップページ

サカドフラットリピーター様チケット

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士となる。 2010年、大人のためのアートセラピー「おもしろアート塾。」翌年、「第一回夢名塾」を開催「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、参加者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 2018年 NPO法人ヴァンテアン・プラス (旧:中小企業支援センター)の地域活動で「坂戸のレンタルスペースサカドフラット」をスタートしています。 モットー「大人がワクワクで、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である