《2020/5/21》サカドフラットを毎日コツコツとバージョンアップ。

サカドフラットの松永です。

コロナの騒動になってから、ステイホーム。

今まで放置してた、webサイトやら、ブログやら、ECサイトやら、整理してます。

それを応援してくれる、お友達もいます。

だから私も応援します。

お裾分けしながら一緒に持ち上がっていく。

高いコンサルティングも、webサイトもSEOを上げるのも、どんなにお金をかけて見た目良くても、実は、中身が追いついてないことがあります。

今までのわたしのサイトがそうでした。

おもしろアート塾。ありとあらゆるものやりました。

でも、結論は、自分自身のコツコツ力がなかったら、何も起こらないのです。

誰にも気付かれないのです。

人が必要としてるものを見つけ考えて

提供する。コツコツ進みながら考えていく。

やっといま、サカドフラットでできてきました。

10年まえ、レンタルスペースは考えていなかった。

アートをどうしたら広められるか?

夢名塾で、講師になりたての人、なりたい人を応援しようと考えた。

行動してみた。

ちょっと考えたのと違ってきて、おやすみして。みんなが活躍する場を考えてた。

点と点が繋がった。

レンタルスペースサカドフラット。

みんなに使ってもらう場所。

活躍してもらう場所。

役に立つ場所。

自分がお手伝いできる場所。

やっと辿りつきました。

ツクツクのwebチケットで、アートもお茶会も勉強会もサービスとして、提供できる。

紹介した人が喜んでくれる。

ああ、なんか、そのための今までだったんだな。そして、これからも、進化していくことで想像もつかない未来が待ってる。

コツコツから逃げたら未来は変わらない。

それを毎日コツコツ、メルマガをかいてたり

ブログを更新してたり続けるお友達か、学んだ。

自分もいま、やっとコツコツに向きあえてる。

まだまだ、できることがある。

YouTubeにアクセスをアップしたら、YouTubeを教えてほしいと問い合わせがあったり。

見てくれてる人が一人でもいたら

いいねを一人でも押してくれたら

それだけで、すごいことなんだ。

感謝の気持ちで、また、コツコツ続けます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サカドフラットの素敵なテレワーク応援キャンペーンはこちら

https://omoshiro-art-jyuku.com/?p=16572

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士となる。 2010年、大人のためのアートセラピー「おもしろアート塾。」翌年、「第一回夢名塾」を開催「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、参加者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 2018年 NPO法人ヴァンテアン・プラス (旧:中小企業支援センター)の地域活動で「坂戸のレンタルスペースサカドフラット」をスタートしています。 モットー「大人がワクワクで、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である