【249】カラダのSOS信号を聴く大切さを学んだ

やらない言い訳はしたくない

3度目の試験、学校も行ったのに落ちたくない。

そんなストレスが知らずのうち溜まってた。

一週間程前から、心臓バクバク、手は痺れてた。

カラダも重く、でも、勉強で寝不足だからだろウナと思った。

試験も間近に控えて

ついに起こった。動けない。息ができない。

苦しい。

夫がネットで調べてくれた。

久しぶりの過呼吸の症状だった。

過去に二回、経験があった。

自分は元気だからと過信してた。

すっかり忘れてて、まさか、過呼吸とは思わなかった。

ビニール袋を当てたら、ずっと、楽になり

手足のしびれも心臓バクバクも無くなった。

そういえば、おとといは、勉強が思うように進まないイライラから娘と衝突したり、

また、自分を責めてばかりだった。

早く寝よ。

久しぶりに10時前に寝た。

試験、今日は、カラダの声を聞いて、今やれることを頑張ろう。

そんなメッセージが来ました。

結果より、プロセス。

絵もそうです。

完成するのを目指すけど、

過程を楽しむことの方が大切。

もちろん合格は大切。

だけどカラダを壊してはだめ。

プロセス頑張ったら、自分にオッケーだそう。

弱音も吐きなくなくて、そんな自分にもオッケー。

いつも、優しくしてくれてありがとう。

自分を責めてばかりの私には、切り替えスイッチ必要。

9今月の予定はコチラ

https://omoshiro-art-jyuku.com/?p=14437

QRコードメルマガ
メルマガは毎週月曜日メルマガ登録はこちらから

サカドフラットでは今後も楽しい催しを企画しております。

イベント・お得な情報等、メールマガジンにてご案内させて頂きます。

是非この機会にご登録をお願い致します。

ドフラットメルマガ会員に登録すると、

選べるチケット①か②お好きな方お選びくださいね。

①1時間分レンタルスペース1000円チケットプレゼント!

②サカドフラット主催のイベント500円チケットプレゼント!

#松永泉のおもしろアート塾。

#坂戸の複合型レンタルスペースサカドフラット

#東武東上線沿線の40代以上の夢応援します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である