右脳を元気にさせるには?第2回クリエイティブな脳にシフトチェンジ!

おもしろアート塾の松永泉です。
1月30日に第二回クリエイティブな脳にシフトチェンジを開催しました。

毎回、右脳解放ワークをしてから創作にはいります。

クリエイティブになるには、まず、脳から「言語モード(左脳)」を退出させなければなりません。
今回、選んだワークが「純粋輪郭画法」です。

利き手にコピー用紙をテープで固定します。
利き手ではない方の手の真ん中(3センチ四方くらい)を見ながら、10分間描き始めます。
ここでポイントは、ゆっくり描く。描く手、紙は見ない。

左脳くんは、意味のない「繰り返し作業、ゆっくり」が大嫌いです。

そのうち脳からいなくなります。

このようなワークの回を重ねると、左脳が退出したのがわかるようになります。
右脳モードになったら、見えてきます。

てのシワの面白いこと、あみだくじに見えてきたりします。

「ああ、こんなに自分の手のひらをみつめることなかったよなぁ〜〜」。

とつぶやく声も。。

そして、みんなで作品を見せ合うのです。

そこにはうまい下手などありません。

写真 2014-02-03 13 51 16

 

 

サイン、トリミングして額したてにすると完成です。

そのあと、石に描きました。2月3日は節分なので、笑った顔など見えてきたら、加えて見たりしました。

一緒に描いていると、場の空気がシーンとなります。

目の前の石に集中した瞬間です。
こんな集中する時間が脳のスイッチの切り替えになります。
理屈を考えず、石や筆にまかせることで、深い表現が出てきます。

集中したときは、もう少年、少女の瞳でキラキラ!

一つの石に集中したり、何個も描いてみたり。

心が欲するままに描いたあとの気持ちよさを共感できる鑑賞会は、お互いの良さを伝え合います。

「こっち向いて微笑んでるようだ」「あああ、顔が見えた!コチラを向いている」

「優しさがあふれている」などなど。。。。大盛り上がりでした。

「また」と言ってもらえるのも、アートをやっててよかったなと感じる瞬間です。

写真 2014-01-30 20 39 23大人の図工教室「クリエイティブな脳にシフトチェンジ第三回目は2月11日(火)祭日13:30〜です。

[bm url=”http://omoshiro-art-jyuku.com/otoiawase” description=”お申し込みフォームはこちらをクリック”]イベント参加お申し込み[/bm]

 

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である