おもしろアート塾の松永泉です。

11月14日は、「凸版印刷朝霞工場アートサロン秋講座」最終日でした。

9月に始めた頃は残暑のころでした。

最初は、どうなることかと初めての現場でドキドキでした。

回を重ねて行くうちに、参加者の方が、色に表現にのめり込んでいくのが感じ取れました。

二週間に一度の講座を重ねていくと、「アートサロンが楽しみ」と言ってもらえるようになりました。

あっという間の2ヶ月半。

振り返るだけで、もっとこうすればよかったばかりです。

そして最終日の懇親会では、たくさんの御馳走を用意してくださいました。

もう、感謝の気持ちでいっぱいです。

逆に私の方が「おもてなし」をしていただきました。

 

何より嬉しかったのが、

「個別に私の講座をうけにきたい」と数人のかたから連絡があったことです。

出会いとご縁をつなげることができたこと、大切にしていきます。

おかげさまの気持ちをわすれずこれからもアートを続けていきます。

アート塾を初めて三年目の秋です。

アート塾を始めてからの毎年の目標が、

生徒さんが一人でもお教室にきてくれることでした。

がらんどうのお教室、最初の生徒はオットでした。

感謝と応援の気持ちをわすれず、コツコツ積み重ねてまいります!

泉より。

次回は、「なぜアートなのか」です。

 

 

 

▼11月12月予定表です▼

http://omoshiro-art-jyuku.com/archives/2800.html/a>

▼こちらはアート塾5分の動画です。(早崎哲哉さん作)▼

http://ameblo.jp/cu-tv/entry-11399388894.html/a>