【ブログNo.106】Facebookでのつながりが南三陸町の復興支援になった。

こんにちは。おもしろアート塾の松永いずみです。

先日、Facebookで知り合いになったコーチングの川口信光さんの記事をシェアーしました。

川口さん記事は、南三陸町で復興支援している方とのお話でした。
まだまだ足りないのがwifi付きのノートパソコン。

何かできることはと考えて、

私も、以前使ってた、Wifiが使えるノートパソコンを寄付することにしました。

ちょうどパソコンを買い替えたばかりでした。

以下は川口さんの記事のコピペです。↓
《支援活動を続ける上で、
【WIFI接続できるノートPC】
が不足しているとのこと。
中学校でも、
教育で必要になってきており、
中古でも充分なので、
【WIFI接続できるノートPC】
をご支援頂ける方、いませんか?》

こんな感じでFacebookの自分のページでお知らせしたところ、何人かの方が、すぐに協力してくださいました。
自分のことのように嬉しかったです。

改めて、Facebookをやって、発信して、巡り巡って復興支援になるってことが、こういうことなんだと実感しました。

今、自分ができる限りのことをする。

この、小さなシェアの積み重ねが、波紋のように伝わっていくように。

そんな発信をコツコツとしていこう。

元気な人をもっと元気にすることも私の使命なんだと。

元気な人を自分のできることで応援していく。

それが日本を元気にすることに、つなげていく活動をしていきます。

アート塾、夢名塾。つながりと出会いを大切にすること。

まだまだ、できることがあふれてきそうです。

泉より。
P.S.あなたのおうちにあるwifi付きのパソコン、眠ってるのあったら教えてくださいね。

忙しい中、最後までお読みいたいてありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である