著者 オノ・ヨーコさんは、ジョン・レノンの奥様は有名すぎる話です。

彼女の芸術家活動は、世界を舞台に今も続けられている。

詩を作ること。歌うこと。ビジネスすること。

旅をすること。彼女にとってアートとは、およそ生きることすべてを意味している。

絵を描きなさい。

一日のきまった時間の

きまった光のもとでしか現れない色をつかって。

とても短い時間で仕上げなさい。

今を、愛する。

この本を読み終えると、

今でしかない気もちと、色を表現したくなります。

など、すべて命令口調の中に情熱とやさしさが混じっています。

感じ続けなさい。

そう、私に話しかけてきます。

泉より。

P.S.彼女のように熱く生き続けたい。

*最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。