久しぶりに、アトリエ感性塾に行ってきました。

4年前、林檎の量感画を体験しとき、目からうろこでした。

それが、木村先生との出会いです。

こんなに、おもしろい美術があったのか。

もっと習いたいの気持ちで臨床美術士の3級まで頑張りました。

今日は、その木村聡美先生が、

秋刀魚の量感画を教えてくれました。

目の前の、生のサンマをじっくり見て、触って、量を感じます。

背骨は、どこにあってと、イメージします。

じっくりさわって観察すればするほど、発見の連続です。

お腹は、こんなにはっててやわららかい。

サンマの頭は、堅い。

目はウルウルして、かわいい。

さんまの「くちばし」がこんなに透き通った黄色だなんて。

こんなにじっくり触ったことありません。

頭の中で、サンマの物語を作っていきます。

その気持ちで色を塗っていくと、重みのあるサンマに成長してました。

できあがりの満足度は、自分が一番、驚いてしまいます。

らしく見せようとすると手が止まってしまいます。

よく見れば見るほど、色が見えてきます。

ピンク、グリーン、紫、黄緑、白、オレンジ、ゴールド。

描くことは、自分と向き合うこと。

難しいから、面白味がある。

もう満足、と思ってもあきらめずに、もう一度、サンマと向き合います。

ここの踏ん張りが、おもしろい表現につながり、楽しいのです。

失敗をおそれたら、何もできません。

やってみて、違ったら、感性を信じてトライしていきます。

その違ったと感じた線を、色を生かしていくのです。

木村先生の、「臨床アートの魅力を伝えていきたい」がセッションにあふれてます。

情熱が私の心を、つきうごかします。

臨床アートの魅力を、再確認できました。

今年は、好きなことで、熱くいきいます。

泉より。

P.S.こんど、あなたと一緒に「秋刀魚」を描こうね。

*最後まで読んでいただきありがとうございます。

いいねやコメントの応援が嬉しいです。

お気に召しましたら、応援をよろしくお願いいたします。