篠原伸介さんにコーチングを受けています。

篠原さんは、上から目線でなく、真剣に、接してくれます。

いま私は、プロモーターとして初のイベントを、どう進めればいいのか止まってました。。

自分の行動に不安な私は、何を話してるのか、何を考えらいいのか。

頭の中が真っ白になってしまいます。

それを言い訳にして、逃げたくなります。

沈黙の時間が、ただ、流れて焦るばかり。

 

「考えることから逃げないで、ここは、あきらめないで向き合ってください」

コーチのひと言で、目が覚めました。

やめるの自由。やるのも、自分次第なのです。

行動を決めるのは自分

向き合わなければ、前に進まない。

私がどこで、立ち止まってるか、何が引っかかって行動できないのか。

わかっていても、逃げたい気持ちで、苦しいのです。

時間をかけながら向き合うと、少しづつ具体的にイメージできてきました。

以前は、できなかったことばかりで、くよくよしていました。

いまでは、「できる」「できた」を意識するようになってきたのが嬉しいです。

「何もできなかったと感じる日でさえ、少しは、前に進んでいるんです」。

といつも、篠原コーチは、笑顔で答えてくれます。

コーチングは、仕事だけでなく、家族や、子育てにも役立つことが、

自分が受ける立場になってわかってきました。

これは、私の目指すところです。

絵を描くことも、自分と向き合い、色を置くのは、自分自身。

自分と向き合うことは、苦しい。

どこでやめてもいい。すすめてもいい。

自分が決めたことがすべて正解だから。

最後の一秒で、「逃げない、あきらめない」をトレーニングとなりました。

自信を取り戻すには、気づかなかった自分の壁を、少しづつ崩していってます。

 

泉より。

P.S.  どんな出会いも、できないから切るのではなく、繋げていく努力がワクワクにつながるんですね。

*最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

いいねや、コメントの応援が今日の励みになります。

お気に召しましたら、応援をお願いいたします。