【ブログNo.19】心も体も頑張ってるから、自分を応援してあげよう。。手作りコスメ塾

中谷塾で知り合った、充美ちゃんのコスメ塾に参加しました。

心も毎日違うように、お肌も、その日によって違うこと。

「栄養クリームをたっぷり使うより、水分をたくさん上げることがお肌が一番喜ぶこと」。

喜ぶことを、怠っていました。

3人目を産んでから、ほっぺについたシミが、できました。

とりたくて、消したくて、鏡を見るのがうんざりでした。

それは、とってもかわいそうなことを自分自身にしていました。

きちんとしたケアもしないで、うんざりだなんて。

充美コスメ塾では、ワンポイント。

とにかく水分を補給すること。

それだけでした。

アトピーも水分不足からおこすもの。

しかも高い化粧品は、買わなくていいのです。

身近に手に入るもので、スペシャルなケアができてしまいました。

自分で作る美白クリームは、愛着さえ湧きました。

シミは、すっかりきれいにすることはできないけど、

自分しだいで、うすくすることも、シンボルにすることも可能。

間違ったケアでは、疲れてしまう。

お肌も、心と一緒で、いたわってあげよう。

お肌にでる、心のSOSを見逃さないよーに。

頑張ってる自分にエール。

過去の頑張ってきた自分のしんぼるだものね。

大阪から来てくれて、細かい準備してくれた、充美ちゃんに感謝です。

充美ちゃんは、ナースでもあり、アロマにもめちゃ、詳しいです。

一緒に作ったクリームは、癒しのオーラつきで、頑張ってる心にも効きまね。

これからが、また、楽しみになりました。

泉より。

P.S.シミは、過去の自分が頑張った、シンボル。やさしく包んでケアしてあげよう。10年後の自分のために。

メリークリスマス。

*最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございます。

いいね!やコメントが今日の励みになります。

お気に召しましたら、応援よろしくお願いいたします。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である