【オハ読No.53】中谷本の「あなたに起こることはすべて正しい」

この本は、私の命の恩人です。

10年前、離婚して途方に暮れた時、この本に巡り合えました。

自分を否定し続けていました。

人も、自分も「悪人」にしていました。

いま、なぜこの本か。

今の私が、過去のマイナスな言葉にひきずられていて、苦しかったからです。

この本を読んだら、なんて自分は小さなことで、くよくよしてたのだろう。

迷ったら、苦しかったころの原点ですね。