【オハ読No.12】受験生すぐにできる50のこと 中谷彰宏著

これは、受験生のための本だけど、

読んでみたらおとなの勉強法の本でした。

「朝日を浴びて脳を目ざめさせる」。

分かっていても、布団から出られません。

きょうは、妄想日記塾が夜あります。

朝、スッキリ目覚められたのです。

明日の楽しみを作って寝るのもいいですね。

朝活のコツだなと感じます。

今年の目標は、二度寝をしない。

いまだ、やっています。

早起きした分、昼寝をする。これならできそうですね。

これで、明日からトライです。

泉より。

P.S. 今日も、テンションの上がる勉強法を見つけてみますね。あなたのように、まずは、続けることを目標にしていきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがあとうございます。

いいねやコメントが今日の励みになります。

お気に召しましたら、応援よろしくお願いたします。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である