2011年11月12日(土)夢名塾 第3回が開催されました。

初めての講師役の長野の志保ちゃん、青森の彰子さん、菅野さん。

リラックスして話してくれました。
何より、初参加に関わらず楽しそうだったのが良かったです。
阪口さんは、頼もしい存在感で、塾をもりあげてくれてます。
皆さんの話は、続きが聞きたくなる内容でした。
新キャラ登場が、毎回登場するのが楽しみです。
参加してくれた方々、ありがとうございました。

「志保ちゃん、彰子ちゃんに余裕がでて、阪口君、菅野君に堂々感がでたね。彰宏」中谷彰宏先生より。

①菅野塾

クラッシック音楽を楽しむコツは「音楽のシャワーにあびる」
わけわかんなくても、クラッシックきいていたら、フンフン鼻歌でうたっていた。これでよかったんですね。(吉家志保さん)

そうなんです。クラシック音楽も人間が創ったものです。
何かを感じて創ったものですから、何か感じるはずなんです。
学校の音楽の授業は知識としてしか教えてくれません。
「聴く」はどこかまだ知識から入ろうとしている気がするんです。
そのこじ穴を開けたいと思っていましたが、 開ける事が出来たように思います。(講師 菅野雄平さん)

自分の感性、信じてあげたい。(間山彰子さん)

自分の感性が信じられると他の人の感性も素直に感動できるから不思議ですね。(菅野雄平さん)

1時間、聞きたかった!(阪口達哉さん)

最高の誉め言葉ですね。ありがとうございます。
第2段は「クラシック音楽で世界旅行をしよう」にします
イギリス、スペイン、イタリア、スイス、オーストリア、ドイツ、チェコ、ハンガリー、ポーランド、ロシア、フィンランド、アメリカ、中国。

これらの国を感じる事のできる音楽があります。絶対に10分では終わらない(苦笑)。(菅野雄平さん)
②志保塾

チーズは奥深い。

例えばゴルゴンゾーラチーズ。人によってはあの臭いが苦手な人もいるが、ちょっとした工夫でゴルゴンゾーラが宝石にも水晶にもなる。

チーズはその人を試す。

そんなことを悟りました。

写真の撮り方が美味しさを引き出していましたね。(菅野雄平)

ゴルゴンゾーラドルチェとレーズンのマリアージュ最高です!

(講師:吉家志保さん)

盛り付け方、おしゃれでした。ワインの横にあったら、すてきです。

(間山彰子さん)

実物食べたかったです。美味しそうな写真が憎らしかった

(阪口達哉さん)

③彰子塾

恋愛運
健康運
金運
仕事運

このなかで欠けていると思うものが活動の糧になる。
どれもそろっていなくてもいいんだ。(吉家志保さん)

占いを積極的に生き方に生かしていこう、という見方を教えて頂いた気がしますね。

自分で話しながら、自分の頑張りどころを再認識していました。

ゼロ学占いも、もっときいてみたかった。落ち着いて話してくれて、堂々感が良かった。

のびしろのある話題でしたね。ダイアナ妃の人生年表と照らし合わせて、ゼロ学占いによる分析をしてみたら面白かったかも。(阪口達哉さん)

楽しくできたこと、が、自分に一番必要なことだったような気がします。
感謝、感謝です。(間山彰子さん)

 

④坂口塾

努力(一夜漬け)をやめて習慣にする。
習慣+気づきで経験値を高める。

夢名塾準備で一週間漬け状態の私。とても小さなことをでいいから毎日取り入れる、がポイントですね。(吉家志保さん)

 

トレーナーさんの言う事に違和感を感じたら工夫してみる、という点が素敵ですね。

権威だからと鵜呑みせずに自分の感覚を信じてトライアンドエラー。

良い事を学びました。(菅野雄平さん)