おもしろアート塾の松永泉です。
お友達の川口信光さんの紹介で久しぶりに、内容の濃い映画にであいました。
「ペイフォワード」
いいこと、助けてもらったことがあったら、三人にいいことでお返しする。
 鶴の恩返しは、おじいさんとおばあさんに恩を返しました、
これは、恩を送るのです。
それがエンドレスになっていくとハッピーと助け合いのココロで争うごとがなくなるのです。
これを考えた主人公の男の子の目が、切ない目をして、物語に引き込まれます。
この映画を見た後は、またいいことをしたくなります。
泉より。
P.S.今日も、たくさんの出会いがありました。オットの痛風も、明日には、痛みがおさまるの祈ります。
寝る前に借りてきた『ペイフォワード』を見たら、涙、涙で。。また、眠れそうにないです。あのラストは、アンビリバボーでた。
写真: おやすみなさい。今日も、たくさんの出会いがありました。オットの痛風も、明日には、痛みがおさまるの祈ります。<br /><br />
寝る前に借りてきた『ペイフォワード』を見たら、涙、涙で。。また、眠れそうにないです。あのラストは、アンビリバボーでた。レビューは、ブログで。<br /><br />
夢で続きを。おやすみなさい。\(^o^)/