「ミッション:インポッシブルゴーストプロトコル」を観てきました。

やらなきゃならないこともたくさんあったのですが、思いきっていきました。

正解でした。

トムのあまりのアクションのすござに、映画館なのにジェットコースターでした。

思わず、足を踏ん張ります。

口から心臓が飛び出そうです。

何よりも、主人公がカッコ良すぎます。

それでなければならないのです。

カッコ良すぎてちょうどいい。

「大切な人は、他人が守るのではなく、この俺だ」

このセリフで、気絶です。

自分がヒロインになった気持ちです。

おかげで、気持ちの切り替えができました。

一日のうち、2時間でも五感を使う時間が、脳と心の栄養。

アート塾、夢名塾もトムクルーズが、ライバルです。

あの音楽が流れてきました。

よっしゃ。

泉より。

P.S.あなたと、映画の話をしたいな。