【ブログNo.90】アートセッションは、「本気で自分と向き合うこと」を教えてもらう。

おもしろアート塾の松永泉です。

アートを通してのコミニュケーションは、より深くなります。

今回は、【石のペーパーウエィト】をつくりました。

固定概念をはずすと言っておきながら、自分がなかなか外れません。

らしくしようなどど、頭のどこかで考えているのです。

きがつくと、目の前の生徒さんは、真剣に色と石と向き合ってます。

自分と真剣に向き合ってる感がつたわってきます。

何度も色を重ね、削って、いろんな色にトライして。

表現をあきらめかけていた自分が恥ずかしくなりました。

どこでやめても作品なのですが、とことん、向き合うことも大切です。

向き合うのは、逃げたくなる衝動との闘いです。

本気で向き合った時、自分では、想像できなかった表現と出会えると身をもって体験しました。

自分が、学ばせてもらってること、改めて感じました。

これからも、本気で、楽しんでいきます。

泉より。

P.S.終わった後の懇親会は、坂戸駅前のイタリアン【アルパッソ】。おなかペコペコで、パスタのおいしかったこと。久しぶりにスィーツまで食べちゃいました。

≪お知らせ≫

5月18日(金)第5回おとなの図工教室@池袋お申込フォーム▼

http://kokucheese.com/event/index/37009/

フェイスブックお申込みページ

http://www.facebook.com/events/283130798447366/

 

■5月26日(土)は、夢名塾「ミニセミナー実践会」を外苑前で開催します。。

▼第9回夢名塾のお申込みはこちらから▼
http://kokucheese.com/event/index/37044/

■5月27日(日)は、特別企画で、神沢充美さんの【開運アロマ塾】を渋谷で開催いたします。

▼開運アロマ塾のお申込みはこちら

http://kokucheese.com/event/index/37049/

 

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、一冊の本をきっかけに作家、中谷彰宏氏主催の中谷塾に入塾。数々のセミナーをきっかけに、子どもの頃から好きだった「絵を描くこと」で世の中を元気にしたいと志を抱き、「クリニカルアーティスト」になるべく道を歩み始める。 同年、彫刻家である、故金子健二氏の芸塾造形研究所に入所。臨床美術士3級を取得する。 2010年、あなたの脳と心を元気にするプロジェクト「おもしろアート塾」を立ち上げ、月に2回大人の為の図工教室を開催。翌年、「夢名塾」設立。「だれでも講師になれる」をコンセプトに、講師としての実践の場を多くの仲間に提供している。 その他、企業、介護施設等でもアート教室の講師を務め、受講者からは「自分がこんなに描けるとは思ってなかった」「上手い、下手ではないんですね」「楽しかったし、スッキリした」との好評を得ている。 モットー「大人が元気で、子どもたちが未来に夢を持てる社会にしたい」 1969年 埼玉県川越市出身 4人の子どもの母である